So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第59回全日本模型ホビーショー アオシマ編 [模型イベント]

また随分と間が空いてしまいましたが、一連のホビーショー記事の最後に紹介するブースは、怒涛の自衛隊キットリリースを発表していたアオシマです。

01_R.JPG


重装輪回収車を発売してくれる以上、この車輌の発売も是非検討して頂きたい・・と思っていた私ですが、そんな私の目論見など、アオシマさんは全て見透かしていたようです。会場発表新製品「1/72スケール・陸上自衛隊96式装輪装甲車」

02_R.JPG


現時点での情報としては、複数のバリエーション展開は勿論、それぞれに「楽しいオマケ」的なモノも付けることも予定しているそうで(画像には81mm迫と、それを操作するフィギュアがいますね)私にとっては、この車輌のキットの製品化情報だけでも、明日という日を頑張って生きる理由として、十分過ぎる程に朗報です!

03_R.JPG



04_R.JPG


こちらも発売まで秒読みとなってきました。AAVC7A1こと、陸上自衛隊・水陸両用車。静岡HSでは「強襲ボートと水陸機動団の隊員フィギュアが付属するかは未定」とのことでしたが、めでたく付属することが決まったとのこと。感涙の涙がこぼれ落ちそうです。

05_R.JPG


06_R.JPG


そしてこちらが今話題になっている(?)年末発売予定がアナウンスされた陸上自衛隊・重装輪回収車です。12式地対艦誘導弾が発売された以上、同じコンポーネントの重装輪回収車も発売してくれるといいな・・と思っていましたが、それが現実のモノとなりました。皆さんも是非、この重装輪回収車で、来年発売(予定)の96式装輪装甲車を牽引させましょう(笑)


           最後は1/144スケールの大型輸送機キット

07_R.JPG


今年の静岡HS記事でもお届けした、こちらの空自・C2輸送機。大分カタチが出来てきましたね。改めて眺めると、ニックネームのとおり、クジラによく似た流麗なフォルムをしていると思います。ちなみに・・

08_R.JPG


「内部もここまで製作することが出来ますよ」と自信をもって展示されていた、内部断面図ディスプレイ。来場していた皆さんも興味深々に覗き込んでおりました。当キットを製作する際は、昨年の横田基地祭で撮影した機内写真が威力を発揮しそうだなぁと、内心ニヤニヤしておりました。


   以上、心ゆくまで楽しんだ、第59回全日本模型ホビーショー記事でした(_ _)
nice!(0)  コメント(0) 

第59回全日本模型ホビーショー モデリウム編 [模型イベント]

今回ご紹介するのは、ジャンルをまたいで「通」なアイテムをリリースしているモデリウムさんのブースです。

01_R.JPG


02_R.JPG


別メーカーさんから似た商品はありましたが、店頭で見かけることも無くなってしまった今、非常に嬉しい「1/35スケール・陸上自衛隊迷彩服デカール」です。

苦心されたのは「1/35スケールに縮尺しても、不自然ではない迷彩パターンに見えるデザインにすること」だそうです。これはひょっとしたら「自衛隊のフィギュアを塗装したいけど、あの迷彩柄を塗るのはちょっと・・」という方には最高のお助けアイテムになるのではないでしょうか?


           さらに、お次は怒涛の「海モノ」3連続!

04_R.JPG

       1/700スケール・海上自衛隊、多用途支援艦「えんしゅう」


06_R.JPG

           1/700スケール・海上自衛隊「輸送挺1号型」


08_R.JPG

        1/700スケール・海上自衛隊、潜水艦救難艦「ちよだ」

「えんしゅう」と「輸送挺1号型」は3Dプリントキット。「ちよだ」はインジェクションキットです。華々しい艦船ではありませんが、いずれも重要な役割を持つ、まさに「縁の下の力持ち」的な魅力を放つ存在です。これはおそらく、私を1/700スケールの艦船模型ワールドに引き込もうという、モデリウムさんの策略に違いありません・・恐るべし!


                   一方で・・

09_R.JPG


  リトルアーモリーとのコラボキットも着々とリリース予定。抜かりはありませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

第59回全日本模型ホビーショー タミヤ編 [模型イベント]

           恒例のタミヤ新製品情報、行ってみましょう!

01_R.JPG


1/48スケールでの発売から待ち続けること幾星霜、やっっっとの発売ですよ!ドイツ・38t戦車E/F型!!

02_R.JPG



03_R.JPG


嬉しいのはエンジングリルのメッシュを付属させてくれたことです。過去、タミヤから発売された38t戦車ベースの車輌にはグリルメッシュが無かったことが泣き所でしたが、そんな懸念とも、これでオサラバです。速攻で購入決定です。

04_R.JPG



05_R.JPG


続いては以前、当ブログの静岡HS記事でも取り上げた、陸上自衛隊・軽装甲機動車(国内仕様)です。いよいよ発売も秒読みになって参りました。一体私はこのキットをいくつ購入するのか?もはや自分でもわからないという有様。

06_R.JPG


こちらも忘れてはいけません。ドイツ鉄道装甲車P204です(車輌キットはウクライナ・ICM社製)既に通常車輌型を発売していますが、今度はタイヤを鉄輪に履き替え、路線警備用の車輌となった同車をリリース。私、この装甲車のカチカチッとした(?)フォルムが好きなんですよね~・・購入です(笑)

      そして、今回の飛行機モデルの目玉は文句無しにこちらでしょう。

07_R.JPG


これだけメジャーな機体にも関わらず、素直に決定版と呼べるキットが不在だったというのも不思議ですが、遂に登場してくれました。1/48スケール、P-38ライトニングです。デカい!

08_R.JPG


09_R.JPG


上記2つの画像にもチラホラ写っている銀色の球は機首に仕込む重りです。P-38の機体構造を見れば、機首を重くせねばならないことは一目瞭然です。ユーザーがスチールボールや板鉛を仕込む手間を見越して、最初からキットに重りを用意してくれている訳で・・さすがはタミヤさんと言わざるを得ません!


            まだまだホビーショー特集は続きます!
nice!(0)  コメント(0) 

第59回全日本模型ホビーショー 飛行戦艦編 [模型イベント]

全日本模型ホビーショー、本日、2年振りに行って参りました!通例ですと、まずはタミヤブースのご紹介から始まり、それから各メーカーブースごとに順を追って・・となるワケですが、今回は何を置いても、最初にこのキットを紹介したく存じます!

01_R.JPG


02_R.JPG


ファインモールドより、2019年12月発売予定「天空の城ラピュタ」飛行戦艦ゴリアテ(1/20スケール ムスカ大佐フィギュア付)です。

03_R.JPG


04_R.JPG


接着材不要の組み立てキット。おまけに胴体を構成する上下左右のパーツは、合わせ目が極力目立たなくなるように結合出来るという親切設計!

ただ欲を言えば個人的には現行のサイズ(20cm弱)よりも、もう少し大きいサイズ(30cm以上)を望んでいたのですが、ファインモールドのスタッフさんによると、基本的には手に取りやすいサイズが良く、そうすればお値段も抑える事が出来るとのこと。確かに、近年の模型の単価上昇は、お財布にとっては中々に厳しいモノがあります。メーカーさんにとっても、ユーザー離れを起こさせない為に色々と考えるところがあるのでしょう。


           何はともあれ、発売が待ち遠しいです!


nice!(0)  コメント(0) 

2019年8月・サークル定例会 [模型イベント]

今回のサークル定例会にもカメラを持参することに成功しました。我が脳味噌も、どうにかこうにか学習機能を維持出来ている模様です。

          それでは、皆様の力作をご紹介いたしませう。

01_R.JPG


フジミの年代物キット。基本塗装は水性アクリジョンをメインに、筆塗りで仕上げられたとのこと。自身が使ったことの無い塗料のお話しを聞けるのは、大変勉強になります。

02_R.JPG


           出来栄えの凄さに見とれてしまいました・・

03_R.JPG


後になって気づいたのですが、尾翼が見たことも無い形状をしていますね。試作型でしょうか?

05_R.JPG


          海原を行くUボート。水の表現がとても美しい!

04_R.JPG


ガンプラモデラーの方の力作。他ジャンルのモデラーさんと交流する機会も、とても楽しいものです(^^)


06_R.JPG


07_R.JPG


08_R.JPG


09_R.JPG


アオシマ・1/350スケール「カティサーク」です。帆船模型は密かに憧れているジャンルですが、やはり完成品を見ると、その存在感に圧倒されますね。


我がサークルメンバーの皆々様、製作意欲の高さたるや、並々ならぬものでした。私も完成品を増やさないといけませんね・・その為にも、早めに涼しい気候になってくれることを祈っています(・ω・)
nice!(0)  コメント(0) 

映画のはなし [日記]

 現在公開中の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観ました。何かと物議を醸しているようですが「ラストの展開が論議を起こしている」という点のみを踏まえて、自らの目で確かめてまいりました。

結果は「なるほど」といった感じです。確かに「あの展開」はドラゴンクエストシリーズを愛してやまない人であればあるほど、ある種、許し難い感情がこみ上げてくるのも、無理からざることかもしれません。

 一方で、私はといえばドラクエは「普通に好き」という程度の人間なので、映画もわりと楽しめました。

と、言うよりも、個人的には内容以上に気になった点が一つありまして・・それは同じく現在公開中の映画で、過日、観賞した新海誠監督の新作映画「天気の子」の印象的なシーンで使われたセリフと「ユア・ストーリー」で終盤に使われたセリフが被っていたという点です。


           それは「大人になれ」というセリフです。


 今回観た2つの映画の作中では、共通して「足掻く主人公を嗜めるセリフ」という意味合いで使われ、結果、主人公はそれに逆らう行動を選択するのです。

私も模型好きになってから(途中、ブランクがありつつも)かれこれ25年が過ぎましたが「もっと上手になりたいなぁ」と、チマチマ足掻いておりまして・・その意味においては子供なのでしょうね。ただ、厄介なことに白髪が増えてきたり、歯医者に通う回数が多くなってきたことで年齢の加算は実感させられていますorz

 何やら話が散らかっているようにも感じますが、詰まる所、年齢的にはオッサンになったけど、心の中には2つの映画の主人公達と同じような気持ちが、あったりもするのかな?というお話しです。


そういった心境にさせてくれたといった意味においても、どちらの映画も、観て良かったと思いました。

            
nice!(0)  コメント(0) 

アオシマ・1/72スケール「16式機動戦闘車・即応機動連隊」其の一 [1/72スケール 陸上自衛隊]

          さて、チクチクと製作を進めていきましょう。

01_R.JPG


まずは車体後面の足掛け(3箇所)が省略され、ただの突起になっていたので、0.3mm真鍮線で製作した足掛けに交換。

02_R.JPG


続いて、キットのままだと砲口カバーが、砲口にかぶせてあるだけのように見えるので、「さかつう」のフレキシブルワイヤーを巻き付け、縛り紐を再現。

03_R.JPG


さらに、砲塔後部には、0.25mmの板鉛を折り畳んででつくった「何かのカバー」を置いてみました。16式に限らず、他の陸自車両も演習等に向かう際は、車上にこういったカバーをよく積載しています。

04_R.JPG


そして砲塔左右のアンテナも0.3mmアンテナで追加。昨今の陸自車両に搭載されているアンテナは「先細り」の形状では無く、「太さは一律、先端も丸い」ので、自衛隊車輌モデラーには嬉しい昨今。


               ・・などとやっている間に

05_R.JPG


まさかの前倒し発売となった12式地対艦誘導弾!これだけ待っていたにも関わらず、こちらが発売したての16式を製作している最中にリリースされるとは・・。いや、嬉しいんですよ?スッゴク嬉しいんですケドね・・。
nice!(0)  コメント(0) 

アオシマ・1/72スケール「16式機動戦闘車・即応機動連隊」 [1/72スケール 陸上自衛隊]

          待ちに待った、かの新製品が発売されました。

01.JPG


   静岡ホビーショーで製品を見てから、一日千秋の想いで発売を待ちわびていました。
      キットもさることながら、このボックスアートがまた素晴らしい!

02.JPG


ボックスアートの良しあしは、製作するモチベーションに少なからず影響すると思います。ちなみにこちらも同じアオシマ陸自シリーズのお気に入りボックスアート。3t半・災害派遣verです。

03.JPG


      さて、中身のお話しですが、これが少し面白いことになっています。

04.JPG


Aランナーが2つ入っておりまして、インストには単独包装されている方のAランナーを使うように指示されています。

05.JPG


ご覧のように、単独包装されている方のAランナーにはメモ的なものまで封入されています。パッと見、どちらのAランナーも変わらないように見えるのですが・・?これには何か黒い組織の陰謀が絡んでいたりするのかと余計な勘繰りを働かせるブログ主でした(いいから、早く手を動かせっていう話ですネ)

nice!(1)  コメント(0) 

2019年7月・サークル定例会 [模型イベント]

          本日、私は遂に成し遂げました!それは

     「サークルの定例会にカメラを持っていく」ということですっ!

「?」と思われるかもしれませんが、実は数年前から、サークルの定例会に「次こそカメラを持っていこう!次こそ!次こそ!次こ・・・」と、なぜか直前になるとカメラを持ち忘れるということを繰り返しておりました。しかし、人間は学習する生き物。本日初めて会員の皆様が持ち寄った素晴らしい作品を撮影させて頂く機会に恵まれました。めでたしめでたし!

        それでは、一部ではありますが、作品のご紹介をば

01.JPG


02.JPG


      メッサーの揃い踏み。独特な迷彩を美しく再現しておられます。

03.JPG


          作り込みと、まばゆい銀塗装が尋常ではありません。

04.JPG


ハセガワ1/72スケール、ジョリーロジャーズ所属の戦闘機コンボです。スーパーホーネット、つくりたくなってしまいます!

05.JPG


こちらはタミヤの新生シェリダンとガントラックのコンボ。ベトナムの情景が浮かぶ作品です。

06.JPG


製作中の、タイガーモデル1/35スケール、現用フランス軍装甲車VBL。昔、陸上自衛隊の軽装甲機動車が人道復興支援でイラクに派遣された際、フランス軍の本車と見間違われまくったというお話し。

07.JPG


一方、こちらは堂々たる城郭模型。私もいつかはチャレンジしたいとか思っていたり・・

08.JPG


まるでヨーロッパの農村の風景を切り取ったかのようなジオラマ。いつまでも眺めていたくなる作品です。

力作を拝見させて頂くと、自身の製作モチベーションも上昇しますね。「製作向きの気候じゃないなぁ・・」とか言ってられませんよ!(自戒)

nice!(0)  コメント(0) 

大宮駐屯地 創立62周年記念行事 其の二 [駐屯地創立記念行事]

 季節感を無視した猛暑の中で行われた訓練展示。今回は「お片付け編」をお送りします。

01_R.JPG


グラウンドに散らばったアレコレを丁寧に拾う自衛官の皆さん。後片付け完了までが訓練展示とのことです。

02_R.JPG


こちらは「突撃部隊」の皆さんの撤収の様子。他の隊員さんの分も持っているのでしょう。89式小銃を1人2挺ずつ持っています。

03_R.JPG


さらに、その後を追うように撤収してきたスナイパーの隊員さん。そういえば、狙撃をする一幕もあったのですが、潜んでいる箇所が全くわかりませんでした。というか、この暑さの中で見るギリースーツ姿はマジでヤバいですね・・。

04_R.JPG


こちらの隊員さんはミニミを持ち帰ってきました。装着している空薬莢受け袋が、私の知っているサイズよりも大きく感じたのは気のせいでしょうか?新型かな?

05_R.JPG


一方で敵性ゲリラの皆さんは、「敵装甲車」こと82式指揮通信車から、M2重機関銃を降ろしていました。といっても、直に受け渡しで下に降ろすのではなく、本体から銃身を外した後、車内経由で後部ハッチから降ろしていました。

06_R.JPG


  こちらがM2重機関銃の銃身です。これだけでも十分に武器になりうる物体ですね。

07_R.JPG


そしてこちらが本体。さすがに一人で運搬し続けるのは大変だったようで、途中から2人で運んでいました。私だったら、これを運んだ次の日から、激しい筋肉痛に悩まされること請け合いです。

      今年も色々と楽しませて頂きました。来年の開催も楽しみです。
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。